CtoC日和

〇〇の秋

  • 2021年10月26日

こんにちは。CS委員長の本郷です。

あっという間に今年ももう10月末になり、2021年も残り2ケ月となりましたね。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

写真は旭川プレカットセンターから見える今日(10/25)の大雪山です。

もうすっかり雪をかぶっています、また冬が来ますね。

秋が終わってしまいますね、皆さんは〇〇の秋と言えば何を思い出しますか?

やはり食欲の秋が上位に来るのではないでしょうか、秋は旬のものが沢山ありますからね。

沢山食べた分は沢山動いて消費すればいいのです!

これは先日、旭川の神楽岡公園を散歩した時の1枚です。

あいにくの曇り空でしたが赤や黄色がきれいでした。

こちらは登山好きの部長が撮った写真です。

旭川プレカットセンターからは時折こんな朝焼けを見ることも出来ます。

キレイですね~こちらも朝の早い部長が撮ってくれました。

冬が来る前に皆さんもそれぞれの〇〇の秋を楽しめるといいですね。

9月20日 今日は「彼岸入り」

  • 2021年09月20日

こんにちは、CS副委員長の前澤です。

 

9月20日 今日は「彼岸入り

 

暑さ寒さも彼岸まで」と、よく耳にする言葉があります。

 

春分の日や秋分の日を境に、暑さ寒さがだんだんとやわらぎ、次の季節の始まりを感じるという意味です。

 

夏のジリジリと焼けつくような日差しが少しずつやわらぎ、一年のなかでも特に過ごしやすい秋の始まりを知らせる「秋分の日

秋分の日は「彼岸の中日(ひがんのちゅうにち)」ともいわれています。

 

秋のお彼岸は、秋分の日と前後3日間を合わせた7日間のことを指します。初日を「彼岸入り」、最終日を「彼岸明け」、ちょうど間の秋分の日を「彼岸の中日」と呼ばれています。

 

お彼岸は日本独特の風習で、その歴史は平安時代から存在していたといわれています。また、仏教の世界では、先祖のいる悟りの世界を「彼岸」私たちが今生きている世界を「此岸(しがん)」と表すそうです。

 

秋分の日は昼と夜の長さがほぼ等しくなることから、この日は「彼岸」と「此岸」の距離が最も近い日と考えられ、先祖への感謝の気持ちを表しやすい日だと考えられるようになったそうです。それがお彼岸の由来です。

お彼岸である秋分の日前後は、先祖を敬い、感謝を伝えることができる日として、お墓参りに行ったり仏壇に手を合わせたりするなど、先祖の供養をする日となったそうです。

彼岸の中日である秋分の日には、おはぎを食べる風習があります。
おはぎは先祖にお供えする上等な品であり、邪気を払い健康を祈願する意味もあります。

 

おはぎの「つぶあん」と「こしあん」あなたはどっち派?

 

つぶあんとこしあんの違い!

 

ポリフェノール豊富なつぶあん」と 鉄分豊富なこしあん

「つぶあん」には抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含まれていて、動脈硬化の予防や美肌効果が期待できるとされています。また、サポニンという利尿や便通をうながす成分も含まれているので、むくみ解消も期待できます。

「こしあん」には鉄分が豊富に含まれていて貧血予防だけでなく肌トラブルの改善も期待できます。

 

どちらも美味しい「あんこ」ですので、ご家族で墓参りする時は「おはぎ」をお供えしてご先祖様の供養をしたあと、美味しい「あんこ」を堪能してみてはいかがでしょうか。

お墓参りもマスクの着用など、積極的な感染予防対策をお願いします。m(_ _)m

ジョイフルホームは、2021年5月よりYouTubeチャンネルを開設いたしました。

是非ご覧ください。

Youtubeチャンネル

コロナと猛暑とオリンピック

  • 2021年08月05日

 7月も終わり夏も終盤に差し掛かりつつあります。
旭川市では最高気温30℃以上の真夏日が23日連続となり、皆さん体が悲鳴を上げていると思いますが、残り少ない夏を、 コロナと熱中症に気を付けて乗切りましょう!!

 さて、この猛暑とコロナ蔓延の中 オリンピックが開催されております。いろいろな種目で続々とメダルを 獲得してます。

金20個、銀7個、銅12個の計39個   現在も沢山の選手が頑張っています。コロナで応援に行くことはできませんが、テレビ観戦で選手の方々を応 援しましょう。
ソース画像を表示

 

 

 

 

 

 

 

ソース画像を表示

 

 

HIGASHIKAWA8425人のキャンドルナイト

  • 2021年06月23日

こんにちは。CS委員長の本郷です。

今年ももう6月になり、2021年も残り半年となりました。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回は東川町で行われているイベント「HIGASHIKAWA8425人のキャンドルナイト」

に旭川プレカットセンターも参加しました。

HIGASHIKAWA8425人のキャンドルナイトとは

1年で一番太陽の恵みある昼間が長い夏至の日に、

照明を消してロウソクの灯で過ごそうと、2003年にスタートしたキャンドルナイト。

キャンドルを町民のみなさまににお配りし、それぞれがそれぞれの場所で灯す事で、

東川の町全体がキャンドルを通してゆるやかに繋がる。そんな想いの企画だそうです。

Higashikawa8425人のキャンドルナイト – ホーム | Facebook

 

「写真の町」東川町で働く私たちが私たちなりに撮ってみた写真です。

旭川プレカットセンターのみんなも少しあたたかな気分になれた1日でした。

また来年も参加出来ればと思います。

コーチ紹介 入社から1年が経って…

  • 2021年05月31日

皆さん、こんにちは。

緑陽産業株式会社 カーブスの渡辺です。

 

 今回は昨年、キャンプ(入社時研修)を終え、入社から1年経った気持ちの変化を2人のコーチにインタビューしてみました。

カーブス旭川神居店

髙橋明里コーチ(たかはし あかり)

21歳 2020年3月入社 社会人2年目

写真右

 

【入社して1年が経ち、成長したと思うこと】

 以前から消極的な性格で、周囲からも控えめと言われる事が多かった私ですが、カーブスでメンバーさんとコミュニケーションをとるために活用するトークが、明るく前向きな事もあり、自分自身の考えや言葉も自然と前向きになったと感じています。それにより、苦手だったコミュニケーション能力が上がり、メンバーさんや他のコーチ達からも、明るくなったね!と言ってもらえることを嬉しく思います。

 

【辛いなと感じたこと】

 入社したばかりで、緊急事態宣言が発令され、人員体制の事もあり、目まぐるしい忙しさを感じました。中でも、店長や同僚に細かい共有をし切れなかったのが辛いなと感じたことです。今は共有ノートを活用し、以前よりも共有がスムーズになりました。常に仕事を行う上で大切だと教わった、報連相を意識して仕事に取り組めています。

 

【今後の抱負】

 カーブスで働いていると、時間の流れがすごく早く感じます。限られた時間を有効活用して、メンバーさんやコーチ達とのコミュニケーションを大切に日々成長していきたいと思っています。

 

【高越愛店長より】

 最初は覚えることも多く大変だったと思うけど、この1年で確実にできることが増えているよね!この仕事は毎日たくさんの人と関わる事ができたり、新しい出会いもあって、その度に色々な発見もあったり、つまずくこともあると思う。でも、その積み重ねで自分も変われるし、メンバーさんの体も変えてあげらるよ。社会人としても、コーチとしても成長できるようにこれからも一緒に頑張ろうね!

 

 

カーブス旭川春光店

今田音々コーチ(こんた ねね)

23歳 2020年3月入社 社会人6年目

写真左

 

【入社して1年が経ち、成長したと思うこと】

 以前から私はコミュニケーションをとる事に自信がありましたが、年齢層が自分より高い方が多い事もあり、話題が尽きてしまう事が多々みられました。しかし、このままではダメだと、キャンプを卒業した辺りから、日々のニュースや新聞をよく見るようになったり、メンバーさんの変化に敏感になれるようになりました。メンバーさんの成果実感も踏まえた会話もできるようになり、今では更にコミュニケーションに自信がつきました。

 

【辛いなと感じたこと】

 最初はゲスプロ活動(入会獲得)が辛いなと感じましたが、出張健康チェックで自身でアポが取れるようになり、とても自信に繋がりました。今では仕事としての責任感を持ち、楽しく活動を行えています。何より、先輩コーチが頑張っているので、私も頑張ろうと励まされています。

 

【今後の抱負】

 1人で1つのことを成し遂げるのは無理だと感じていて、頼る所は頼って、皆でやれることはやる。そして、頼られる女性になりたいと思っています。

 

【先輩コーチ 堀綾実コーチより】

 あまりネガティブな言葉を発する事がなく、自ら率先して考え、行動できるところがすごいと思います。これからも、色々な事があるけれど、一緒に楽しく乗り越えていこうね!

 

 コメントをくれた4人のコーチ、ありがとうございました。コロナ禍の就職で不安も沢山あったと思いますが、キャンプ後の写真と比べると、2人ともコーチとしての顔つきになり、私自身とても驚いています。先輩コーチの背中を見て成長してくれている部分もあり、嬉しく思います。これからも、コーチとして、1人の女性として一緒に成長していきましょう。今後の更なる活躍に期待しています。

新年のご挨拶

  • 2021年01月01日

新年あけましておめでとうございます。

CS副委員長の前澤です。

皆様におかれましては お健やかに新しい年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

本年も お客様に喜んで頂くために たくさんのイベントを開催できるよう

スタッフ一同努力していきたいと思います。

本年もジョイフルホーム並びに、
ホームページ(https://joyfullhome.com/)を どうぞよろしくお願い申し上げます。

1月9(土)・10(日)・11(月祝)と3日間 

札幌10棟・旭川8棟のモデルハウス同時公開しております。

※ご来場の際は事前のご予約をお願いいたします。

さまざまなモデルハウスを見て理想の家づくりのヒントを見つけてください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

株式会社ジョイフルホーム札幌・旭川
スタッフ一同

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっています。

まだ収束の兆しは見えませんが一刻も早い沈静化を願うばかりです。

ウイルス対策として日常ではアルコール消毒が効果的とよく聞いていると思います。

実は家造りの際にもウイルス対策の建材があるのをご存知ですか?

空気を洗う健康フローリング「エアー・ウォッシュ・フローリング」という商品です 。

抗ウイルス[インフルエンザ、ノロウイルス、COVID(新型コロナウイルス)]

抗菌、消臭、VOC低減効果が認めれられた

ウイルスの働きを抑制するタイプのフローリングです。

この商品を採用したモデルハウスが

札幌では「南18条西12丁目モデル[-NOBEC-]」と

旭川では「神居4条17丁目モデル」になります。

これから建てる家を抗ウイルス対応型にして、

健康で安心して過ごせる快適な家づくりをご提案致します。

お客様の安全面を考え1組様ずつの完全予約制での内覧を実施しております。

皆様のご来場心よりお待ちしております。

もうすぐクリスマス

  • 2020年12月08日

こんにちは。CS委員長の本郷です。

もう12月になり、2020年も残り1カ月となりました。

今年は新型コロナウィルスが流行し、生活様式も変わり大変な1年でしたね…

12月と言えばクリスマスですが皆さんはどう過ごす予定ですか?

クリスマスと言えば、デコレーションされた豪華なケーキを食べるのがあたりまえとされています

が、実はこれ日本独特の文化のようです。1922年(大正11年)に不二家さんがキャンペーンで広め

たようです。なので海外にはクリスマスケーキというものは存在しないようですね。

チキンを食べるという風習も日本独特のもののようで、これもケンタッキーフライドチキンさんが

広めたようです。

日本は企業の先導によって文化が作られているような側面も感じますね。

グループ会社、旭川のつぼ八さんもクリスマス半身唐揚セット沢山買ってもらえるといいですね。

旭川プレカットセンターの雪だるま君、ベトナムの研修生には評判です。

年末に向かって、もう一踏ん張り頑張りましょう!

  • 2020年11月18日

11月になり、今年も残りわずか44日になりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

今年はコロナウィルスの影響で、在宅勤務や時短営業・休業といろいろあり、ここまであっという間に過ぎてしまいました。

 気がつけば雪もちらつく季節になり、気温が低くなり、体調を崩しがちな人も多いのではないでしょうか?

風邪やインフルエンザに加えて、コロナウィルス感染への対策と気が抜けませんが、

まずは基本の「 手洗い・うがい・消毒 」を忘れずにし、たっぷり栄養を付け、

風邪やインフルエンザ・コロナウィルスに感染しないよう自己防衛をしっかり行い 年末に向かって、もう一踏ん張り頑張りましょう!

 

Halloween

  • 2020年10月29日

皆さん、こんにちは旭栄大城建設 大西です。

すっかり秋らしくなってきて体調管理がますます重要になってくるのではないでしょうか?

今週末10月31日はハロウィンですね。

もともとは古代ケルト人の宗教的儀式が、アメリカ等に形や意味を変えて広まったものだそうです。

日本では1990年代にディズニーランドのイベントから広まり、毎年仮装して楽しむようになっていますよね。

皆さんの家庭では、どんなハロウィンを楽しんでいますか?

 

今年は、いつものように仮装して出歩くことは厳しいと思います。

家の中で「収穫を祝い、悪霊(コロナウィルス)退散を願う」本来のハロウィンで楽しんでみませんか?

 

 

キャンプ(入社時研修)を終えて

  • 2020年09月30日

  皆さん、こんにちは。

    緑陽産業株式会社 カーブスの渡辺です。

 9月1日~9月25日までの延べ13日間、カーブスキャンプに3名の新人コーチが参加いたしました。参加する目的として、カーブス運営のため必要な基礎基本をしっかり学びます。メンバーさんとスタッフがより良い関係性を築き、サポートをしていくことを目標としています。最初の3日間で、7つの習慣(※)について学んでいきます。7つの習慣とは世界中で大ヒットしたベストセラーでカーブスでは必ず最初のキャンプで学習することになっています。その中で、私が最も気を付けていることを1つご紹介します。

 「話すことより聞くことが大切」ということです。人は、話すことで快楽を感じ、その結果、他者の話を聞いていない傾向にあるそうです。一方、人は話をたくさん聞いてくれる人に信頼や親しみの気持ちを抱くものだそうです。まずは、メンバーさんの話を親身になって聴く、受けとめる…そこから信頼関係を築いていくのだと気づかされました。

 後半の10日間は、サービス、セールス、ゲストプロダクション、オペレーション、マネジメントを座学で学びます。その後に大事なトークテストを緊張の中、受験します。このトークテストが大きく4つあるのですが、1つでも不合格になると卒業できません。下記の写真は、無事にテストに合格し卒業証書を渡され笑顔の3人です。

 3人が無事に卒業できて本当に嬉しかったです!!

 本来ならこのカーブスキャンプは東京で集合形式で行うのですが、今回はリモート形式で店舗のバックヤードで研修をしました。東京にいない分、頻繁に新人コーチの顔をみられるのは良かったですが、カーブスキャンプ独特の雰囲気を3人にあじあわせてあげれなかったのが悔やまれます。新人3人とも良い子達なので早く1人前に育てて楽しく仕事ができるようにしてあげたいと思います!

 

(※)完訳 7つの習慣 人格主義の回復

   スティーブン・R・コヴィー 著

   キングベアー出版社

   2013年8月

最近の投稿

カテゴリー

過去の記事